DEVOPS

DevOpsをアジャイルな状態に保つクラウドセキュリティ

Orca SecurityのAWS、Azure、GCP向けのエージェントレス クラウド セキュリティ プラットフォームを使用すると、DevOpsチームはエージェントのインストールとメンテナンスをする必要なく、クラウド セキュリティとコンプライアンス チェックをCI/CD開発プロセスの早い段階に統合することにより、DevOpsチームはアプリケーションを迅速かつ安全に開発かつ提供できるようになります。

ORCA BYTES Orca SecurityとDevOps ->
DevOpsロードブロック

従来のセキュリティ ソリューションは、DevOpsをサポートしてい

従来型のクラウド セキュリティ ソリューションは、面倒なエージェント デプロイメント要件、優先順位のないアラート、不十分なCI/CD統合オプション、限られたテクノロジー統合などDevOpsチームに制限を課していました。

  • エージェントの展開と維持管理で、開発時間が短縮される

  • 修復に関する明確な洞察の欠如は、組織的摩擦を生み出します。

  • 優先順位付けされたアラートの不在は、アラート疲労と重要な重要な問題の見逃しを生み出します。

  • 限られたテクノロジー統合とAPIは、DevOpsによるより多くの手動プロセスを意味します。

DevOps向けに作られた
クラウド セキュリティ

Orcaのエージェントレス クラウド ネイティブ アプリケーション保護プラットフォーム(CNAPP)は、CI/CD開発プロセスと完全に統合するAPI第一の戦略でDevOpsをサポートし、アプリケーションのテスト、デプロイ、運用などでクラウド アセットの100%セキュリティの可視性を提供します。 エージェントをインストールする負担なしに、DevOpsは新しいあらゆるアセット自動的にカバーされていることを確認しながら、アジャイルな環境を保つことができます。

フルスタックの可視性を持つエージェントレス セキュリティ

Orcaを使用すると、既知の脆弱性、設定ミス、マルウェア、IAMリスク、機密データリスク、ラテラル ムーブメントのリスクなど、開発プロセスの早い段階でエージェントに頭を悩まされることナック クラウド セキュリテ ィリスクを特定することができます。

  • 面倒なエージェント統合やパフォーマンスヒットなし
    カバレッジギャップなし
  • 数ヶ月ではなく、数分で迅速なデプロイメント。
  • 複数のツールを1つにまとめ、統一されたデータモデルを実現。
  • クラウドをカバーする深く広いリスク検出
    クラウド設定とワークロードをカバー。
Agentless security with full stack visibility

Orcaがアラートの優先順位を付けて、ユーザーの手間を省略

Orcaは、他のツールとは異なり、全体像を把握し、コンテキストに基づいてリスクに優先順位をつけます。これにより、意味のないアラートを選別する無駄な時間を排除し、本当に重要な1%の問題に集中することができます。

  • Orcaは、セキュリティ問題の深刻度、アクセスしやすさ、ビジネスへの影響を考慮し、最大のリスクをもたらす少数の重要な問題に優先順位をつけます。
  • セキュリティ問題を個別に見るのではなく、Orcaは一見無関係に見える問題が組み合わさると発生する危険な攻撃ベクタを検討します。
  • Orcaは、修復のための実行可能なパスを提供し、セキュリティ チームがクラウド セキュリティのリスクに迅速に対処できるようにします。
Bring critical risks to the forefront

CI/CDプロセスにセキュリティを構築

OrcaのAPIを活用する総合的なクラウドセキュリティチェックをCI/CDプロセスに組み込むことで、開発プロセスの早い段階で問題を発見することができます。

  • アプリとサービスを本番環境にリリースする前に、マシンとコンテナイメージのリスクをプログラムによって確認します。
  • 設定したら後は忘れていられます。デプロイされたお客様のクラウドに対して追加作業は不要、継続的にモニタリングするだけです。
  • JSONとCSVといったオープンで柔軟なデータフォーマットをサポートし、Orcaデータの消費や他のプログラムにエクスポートできます。
  • 40以上のサポートされているフレームワークとベンチマークのすべての重要なコンプライアンス チェックを自動的に実行します。
  • AWSを使用していますか? 導入前画像にリスクがないか確認し、シフトレフト戦略をさらにサポートします。

より速い修復のための実用的なセキュリティインテリジェンス

Orcaは、セキュリティチームがお客様のクラウドのデータを照会して、クラウドセキュリティの問題を発見、調査、理解し、継続的に監視するためのきめ細かなアラートを開発スキルを必要とせずに作成することを可能にします。

  • OrcaのDomain Specific Languageを使えば、次のような質問に答えるための強力なコンテクスチュアル・クエリを作成することができます。特定の脆弱性を持つインターネットに面したアセットをすべて表示する」、「インターネットに面したワークロードのうち、特定のバージョンのsudoパッケージを実行しているのはどれか」
  • ビルトインテンプレートと直感的なクエリビルダーを使用し、誰でもデータをクエリしてカスタムアラートを作成することができます。そのため開発経験は不要です。
  • カスタム クエリとアラートをプログラムで統合し、非常に効率的なCI/CDと修復ワークフローを作成することができます。

ワークフローに適合するテクノロジー統合

Orcaは多くの統合機能を提供しているので、既存のワークフローにOrcaを組み込むことができ、迅速な修復を保証し、チームの責任について混乱を避けることができます。

  • 検出された問題をメール出通知、または
    Slack、PagerDuty、OpsGenieなどのメッセージングアプリで送信します。
  • JiraとServiceNowなどのITチケットシステムを通じて
    適切なチームに修復チーム割り当て。
  • Oktaを含む幅広いSSOサポートは、ユーザーを改善します。
    経験とセキュリティ

アジャイル クラウド セキュリティで
DevOpsを促進

位置

Oakland, California, USA

業界

Education

クラウド環境

AWS, Azure, GCP

“DevOpsは私の直属の部下ですが、独自の業務のやり方をしています。 私は彼らが別のセキュリティ製品でルールを策定するのを6ヶ月間待ち続けました。 しかし、Orcaを導入すると彼らは非常に喜びました。 私はこのようにうまくいった事例を見たことがありません。”

Jack Roehrig情報セキュリティ最高責任者、
Turnitin

ケーススタディを読む
位置

Global

業界

Financial Services

クラウド環境

AWS, Azure

「何年間も続いた苦痛から、たった半日で完全な可視性を得ることができました。最前線にいる者からすると、それは奥が深いことなのです。」

Peter Robinsonサイバー セキュリティとビジネスIT担当ディレクター
ZIP

ケーススタディを読む