クラウド用に構築されたマルウェア検出

OrcaのエージェントレスSideScanning™は、クラウド ワークロードに影響を与えず、署名ベースのヒューリスティックなマルウェア スキャンを実行し、AWS、Azure、GCPでマルウェアを効果的に検出して優先順位付けします。

ORCA BYTESビデオ マルウェア検出 ->
アプリケーションの動作が遅いですか?

エージェントによるクラウド マルウェア検出が機能しません

マルウェアの検出を効果的に行うには、パフォーマンスに影響を与えることなく、クラウド資産を完全かつ定期的にスキャンする必要があります。 エージェントベースのソリューションは、リソース集約的であり、クラウドで上手く拡張が行われず、脅威が検出されません。

  • エージェントベースのマルウェア スキャンは、クラウド ワークロード パフォーマンスに影響します。

  • クラウド資産の50%未満は、従来のセキュリティ ソリューションでカバーされます。 1
  • エージェントベースのツールにマルウェア検出を頼ることは、アセットごとのメンテナンスにおいて気の遠くなるような最悪な状態をもたらします。

Orcaはクラウドでマルウェア検出を解決します

クラウドマルウェア検出に対するOrcaのエージェントレスアプローチにより、パフォーマンスへの影響をゼロにして、クラウド資産の100%を完全かつ継続的にカバーできます

一度のデプロイメントで
安全性が永続します。

一度設定すればあとは忘れていられます。 Orcaは、パフォーマンスに影響を与えず、クラウド資産に完全なマルウェアカバレッジを提供します。 エージェントをカバーしていないデバイスをお持ちですか? 問題ありません。 アイドル、一時停止、孤立したシステムでさえ、カバーされます。

  • OrcaのエージェントレスSideScanningテクノロジーは、マルウェアの帯域外のクラウドワークロードを検査し、エージェントのパフォーマンスへの影響と運用上のオーバーヘッドを排除します。
  • Orcaは、実行環境の外部からスナップショットを取得し、クラウドアセットをスキャンしてマルウェアを検出するため、ダウンタイムをスケジュールする必要がなく、運用へのリスクも、データへの影響もありません。
  • マルウェア検出を必要とする規制と標準に継続的なコンプライアンスを確実にします。

マルウェア検出のマルチプロングが施されたアプローチ

Orcaは、SideScanningをさまざまなマルウェア検出技術と組み合わせて使用して、ストレージバケットなどのクラウドワークロードおよびリソース内の既知の潜在的に悪意のあるコードを特定します。

  • 署名ベースのスキャンは、既知のマルウェアのファイルハッシュ(署名)を検索します。
  • ヒューリスティックファイル分析は、ファイルを密接に検査して、目的、目的地、意図を決定します。 たとえば、ファイルの唯一の目的が特定のファイルを削除することである場合、マルウェアとしてフラグを付けます。
  • 動的スキャンは、制御された仮想環境でファイルを実行して、アクションを観察します。 ファイルがマルウェアのように動作する場合、そうである可能性は高いです。
  • 遺伝子署名検出は、以前のマルウェア定義を使用して、同じ家族内でマルウェアを発見します。

はい、Orcaはクラウドで
マルウェアを検出します

位置

Tel Aviv, Israel

業界

Technology

クラウド環境

AWS

“AWS環境を完全に可視化すると同時に、マルウェアのスキャンや、設定ミスの特定、PIIの保護をしてくれるソリューションを必要としていました。”

Shahar MaorCISO
Fiverr

ケーススタディを読む