クラウドで設定ミスを検出して優先順位付けします

Orcaは数分以内に、クラウドエステート全体の設定ミスを検出して優先順位を付け、主要なコンプライアンスフレームワークを活用して、環境を侵害から保護します。
ビデオ クラウドセキュリティは
より良いものである必要があります。
->
リスクのあるビジネス

誤った設定は損害につながります。

たった一度の設定ミスが、壊滅的な侵害またはサイバー攻撃の一歩手前になってしまうのです。 残念ながら、エージェントベースのセキュリティソリューションは、クラウド資産を完全にカバーできないため、クラウドの設定ミスを検出するのに信頼できません。

  • Gartner社によると、クラウドの侵害の99%は、顧客の設定ミスや誤操作が根本的な原因となるといます。1
  • 組織の75%は、インターネットに公開されているパブリックストレージバケットを持っていました。 2
  • 過去2年間にクラウドインフラストラクチャの設定ミスが発生した結果、300億を超える記録が流出されました。 3

クラウド設定のリスクをマスターします

Orcaを使用すると、クラウドエステート全体の設定ミスがデプロイメント数分以内に検出され、新しい資産が追加され次第カバーされます。 エージェントをインストールする必要がなく、環境内でコードが実行されないため、DevOpsの頭痛の種になることもありません。

Orcaはお客様をサポートします。

Orcaはすべてのクラウドアカウントとワークロードにわたって広範なクラウドの設定ミスの検出を提供し、セキュリティと業界および規制基準へのコンプライアンスをお約束します。

  • Orcaは、認証、データ保護、ログと監視、ネットワーク構成、システムの整合性など、15カテゴリにわたり600を超える独自の設定管理を活用しています。
  • OrcaはさまざまなCIS制御ベンチマークを含む、35を超える業界および規制のフレームワークに対してクラウドの設定ミスを分析します。
  • Orcaはすべての構成制御をクエリに変え、継続的なコンプライアンスのためにアラートを自動的にトリガーすることができます。
Orcaのビルトインコンプライアンスについてもっと知る

効果的な優先順位付けはコンテキストから始まります

Orcaは設定リスクを優先順位付けする全体的なアプローチをとります。

  • Orcaは設定ミスのリスクを効果的に優先順位付けするために、無関連の資産の寄せ集めではなく、お客様のクラウドエステートを相互接続されたリソースの網であると考えます。
  • Orcaは環境コンテキストに加えて、ワークロードセキュリティデータと脅威インテリジェンスに基づいてクラウド設定ミスリスクを評価して、重要なアラートを最前線に引き出します。
  • すべての設定上の問題に対する攻撃マップによって、チームは設定ミスのコンテキストを迅速に理解し、適切なトリアージュと修復を実行することができます。

Orca Securityを使用すれば
コントロールを手に取り戻すことができます

位置

New York, USA

業界

Insurance

クラウド環境

AWS

“Orcaにおいて、AWSの設定はOrcaの制御下にあります。 私たちは12,000を超える資産を持っています。 現在、今現時点で、修正する優先順位として、それらのうち3つだけがリストされています。 特にクラウド環境が頻繁に変化することを考えると、これは素晴らしいことです。”

Jonathan JaffeCISO
Lemonade

ケーススタディを読む